度重なる自粛要請による協力金・支援金

 

 まん延防止等重点措置や緊急事態宣言、度重なる自粛要請による協力金や支援金がありますが、きちんと把握してらっしゃいますでしょうか?

 昨年の第一回目の緊急事態宣言からの協力金・給付金・支援金、等、もうお忘れになってるくらい、何度も有りましたね。令和3年に入ってからも、東京都の飲食店への協力金の対象期間は、令和2年12/8~令和3年1/7、1/8~2/7、2/8~3/7、3/8~31、4/1~11、4/12~5/11(4/12~24はまん防、4/25~5/11は緊急事態宣言)、5/12~31、のように、これだけの数があります。一時支援金も4月分からは、月毎が対象の月次支援金として6月下旬から申請が予定されています。また、今後も緊急事態宣言の延長や自粛要請等が続く見込みで、更に申請事が増える事が考えられます(令和3年5月28日現在)

 それぞれの期間で自粛要件が違いますので、いちいちご自身で情報を調べて、それぞれの申請期間に忘れずに申請するのが面倒くさい、煩わしい、読むのが大変、そんな方はお任せ下さい。友人、知人、ご親族で、周りにそんな方がいる場合には、お伝え下さい。

 その都度でも構いませんし、継続して丸投げでも構いません。丸投げの場合、こちらから申請が始まる毎にお知らせするのはもちろん、要件が変わった場合の対応もお伝え致します。

 

♦プラン・料金

 

〇丸投げプラン(小規模飲食店様向け)

 最初に年間対応契約をして頂きます。こちらから、対象期間毎に要件や必要書類の変更・追加をお伝え致します。例えば、3/8~3/21の分からはコロナ対策リーダー研修と登録が必要になりましたが、お伝えするとともに登録までの段取りを致しました。また、同じく3/8~3/21の分からは、申請毎に直近の光熱費の請求書や領収書の添付が求められるようになりました。これは、そもそも営業してなかった店が、協力金目当てで営業しているふりをしたり、実際には営業する気が無いのに、協力金目当てで営業許可を取るような不正を防止する為です。また、外観に加え店内の写真も添付する事になりましたが、審査される観点が何なのかを把握してないと、求められている内容の写真を添付せず、審査が遅くなったり写真の差し替えが必要になったりします。なので、場合によってはこちらから撮影に伺いますし、店内や外観を撮影する際のアドバイスや、必要なアナウンスや告知の貼紙をご用意致します。こちらが、申請毎にお伝えする必要書類をご用意頂ければOKです。審査の際に求められている事が何かを把握できれば、店内の撮影の仕方や、告知チラシ・貼紙によって、スムーズに審査が完了し支給決定がされる事にも繋がります。弊所では、東京都の協力金(3/8の分)の申請において、申請から7日目に支給決定がされた旨の通知が届き、11日目には正式な支給決定通知書が届いた実績もございます。

 

 1、最初に丸投げコンサルタント年間分として5万5000円(税込)

   ※ 2021年の12月までの年間契約

 

   2、申請毎、件数毎に3万3000円(税込)

 

     簡易申請の対象の場合は1件につき2万2000円(税込)

 

   ※ 申請時の添付データへの変換料金も含みます。

   ※ 添付書類のデータ変換が必要な場合は別途3300円(税込)

   ※ 後払いOK

 

 

 

〇その都度申請(大規模飲食店様、その他の協力要請先事業者様)

 ※ ご依頼を受けた申請についてご対応致します。

 

 基本的な報酬:初回1件につき5万5000円(税込)~

         :簡易申請対象の場合は3万3000円(税込)~

 

 申請1件につき

 ※ 添付書類のデータへの変換が必要な場合は別途3300円(税込)

      ※ 後払いOK

 

〇ご依頼を想定してない業種もございますので、お問合せ頂いた上で対応させて頂きます。

〇交通費が発生する場合は、実費分のご負担をお願い致します。